ロゴ

生活に欠かせない住まい

私達の生活に欠かせない住まいは、購入をする際には細心の注意を払わなくてはいけません。新築物件や注文住宅など、様々なタイプがありますが、決して安い買い物ではありませんので、必ず家族と話し合って決めるようにしましょう。

人気を集めている住宅タイプランキング

一軒家
no.1

せっかく暮らすのなら新築一戸建て

高いお金を出して購入をするのであれば、中古ではなく新築が良いと願うのは誰もが同じでしょう。新築一戸建ては、中古一戸建てよりも維持費用が安いというメリットがあります。また、設備のトラブルも起こりにくいため、暮らし始めて早々にトラブルに巻き込まれる心配もありません。

no.2

中古一戸建てで安く購入する

中古一戸建ての一番のメリットは、新築一戸建てよりも2割~5割程度安く物件を購入する事が出来るという点です。また、現物を見る事が出来ますので日当たりや風通しなどの細かいチェックをする事も可能です。リノベーションをすれば新築と同等の住宅性能を得る事も出来るため大変人気があります。

no.3

理想の家を1から作れる注文住宅

注文住宅は世界に1つだけの自分の家を作る事が出来ます。自由度がかなり高いため、こだわりを追及したい人に大変おすすめです。また、予算も事前に調整する事が出来るため、あまりお金が無いという人でも相談次第では安価で家を建てる事が出来るでしょう。施工会社も選べますので、事前の細かい情報収集がキモとなります。

no.4

地震に強い家で災害対策をたてる

近年日本に多く起こっている地震対策のために、地震に強い家を望む人が増えています。せっかく長いローンを組んで建てた家が災害であっという間に崩壊してしまうのはものすごく悲しいですし、何よりも命を守るための家なのですから、不安を感じる事無く暮らす事が出来るのが一番の理想です。

no.5

二世帯住宅で親と一緒に暮らす

二世帯住宅は、日常での協力や経済面・精神面で大きなメリットがあります。小さい子どもがいるご家庭であれば、いざという時に祖父や祖母に子どもを見てもらうことが出来るでしょう。但し、相手の両親と暮らす場合には、いろんな配慮が必要になることもあるので確認と注意が必要です。

二世帯住宅や注文住宅のメリットを知って物件選びを始めよう

女性

住まいにはこだわろう

住宅の購入は一生に一度の買い物です。決して安い訳ではありませんので、とことんこだわることをおすすめします。二世帯住宅でも地震に強い家でも、新築物件でも中古物件でもそれぞれにメリットがあればデメリットがあります。住宅の購入には事前の情報収集が重要となりますので、必ず手を抜かないで徹底的に調べ尽くしましょう。また、家族全員が納得できる家を購入するためにも、1人の意見で決めるのではなく話し合いも重要となります。

広告募集中